シンゴさん日記

大阪の独身40代会社員が日々のことをツラツラと

山辺(やまのべ)の道を歩く

4月12日(月)快晴。

7時起床。

昨晩は、なんばパークスシネマにて

「砕け散るところを見せてあげる」という映画をレイトショーで見たので、家に帰ってきたのが23時過ぎと遅くなった。

f:id:otomiyashintaro:20210412221523j:image

後半の展開に度肝を抜かれる秀作だった。

レビュー動画も撮ったので宜しければどうぞ↓

 

家に帰ると小腹が空いたので、リンゴを1個を食べたが、この後こんな時間(深夜0時近く)から、いつもの流れでお風呂に入ったりなんかしてしまうと、寝る時間が遅くなってしまうので、風呂は翌日の朝に入ることにして、歯を磨いたらすぐに布団に入った。

 

しかし、なかなかすぐに寝付けず、眠りに入ったのはおそらく午前2時過ぎか。

結局、すぐ寝付けない上に、最近の休日でもはやパターン化された「なぜか休日に早く起きてしまう病」で7時に目が覚めてしまい、結局5時間も寝ていない結果となった。

 

起きてから、まずシャワーを浴び、歯を磨いた後、

いつものように豆乳1杯を飲み、バナナ1本を食べたが、前日買っておいた新発売の「高タンパク低糖質」のカップヌードルプロも食べたくなったので、それを食べる。

f:id:otomiyashintaro:20210412222253j:image

「朝からカップヌードル?!」と驚かれる方もいるかもしれないが、その時食べたくなったのだから食べた、というだけの話だ。

自分にとっては、昔からこんな事は普通の事なので、朝であっても「食べたい」と思ったら、なんなら焼肉でも食べれてしまう。

まあ実際は、朝からそんな手間も時間もかかる事はしたくないので、食べる事は無いだろう。

 

食事の後、8時40分ごろに自宅を出て、

電車に乗って奈良県天理市に向かう。

前の職場の同僚の方からおすすめされていた、

山辺(やまのべ)の道」という古道を歩くためだ。

f:id:otomiyashintaro:20210412223034j:image

 

10時30分頃、近鉄天理駅に到着。

f:id:otomiyashintaro:20210412223210j:image

天理といえば、天理教の本部がこの駅の近くにあるので、観光がてらに寄ってみたが、本部神殿と広大な敷地の思ってた以上のデカさに驚く。

f:id:otomiyashintaro:20210412223634j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412223641j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412223637j:image

 

天理教の本部を出て、歩くこと10分くらいで、

石上神宮(いそのかみじんぐう)という神社に到着。

f:id:otomiyashintaro:20210412224632j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412224628j:image

境内には羽の綺麗なニワトリ達が沢山いた。

f:id:otomiyashintaro:20210412224725j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412224729j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412224732j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412224736j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412224721j:image

時間が許すならば、ずっと見ていたいほどの美しさだ。

このニワトリ達の種類の名前などはわからないが、動植物、鉱物、風景、地形など、何故こうも自然がデザインしたものは、ことごとく美しいのか。

感慨に浸りながら山辺の道のウォークルートに入る。

f:id:otomiyashintaro:20210412225131j:image

睡眠不足もあって、電車に乗っている時は

ずっと目を閉じながら、

「あー眠いなー。こんなに良い天気やし、せめて今日くらいはぐっすり眠れた状態で臨みたかったなー。」と思っていたが、

いざ目的地に着いて歩き始めると、不思議な事に眠気など吹っ飛んでしまった。

晴天の、のどかで穏やかな自然の景色に精神が癒される感覚を覚えながら、

大神神社(おおみわじんじゃ)までの約16キロの道のりを歩き始める。

f:id:otomiyashintaro:20210412230013j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412225955j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412230016j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412230003j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412230027j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412230024j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412230008j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412225952j:image
f:id:otomiyashintaro:20210413000740j:image
f:id:otomiyashintaro:20210412230021j:image

途中、畑の沿道にみかんが1個落ちていたので、

拾って家に帰ってから食べた。美味しかった。

f:id:otomiyashintaro:20210412230113j:image

道中はそれほど大きな起伏もないので、大して疲れる事もなく快適に歩いていたが、

天理駅に着いて以来、歩き始めて3時間ほど経ったJR巻向(まきむく)駅あたりで、

突如、「あ、もう大阪に帰りたい」と思ってしまう。

 

疲れたのではなく「歩くのに飽きた」のだ(笑)。

もう少し頑張ったら、一応のゴールと言える大神神社までそう遠くないのだが、

大神神社は2019年の11月に1度訪れているので、「まあ、もういっか、今日は。」という事で、巻向駅から大阪に戻ることにした。

f:id:otomiyashintaro:20210412231137j:image

大阪に向かう帰りの電車の座席に座っていると、歩いている時にはさほど感じなかった眠気が一気に襲ってきて、とにかく眠たくて仕方がない。

 

寄り道せずに一直線に家に帰りたい、という気持ちでいたが、いざ大阪に着いた途端、何故だが急に、猛烈に「寿司を食べたい」、という気分になったので、難波にある「くら寿司」で寿司を食べる。

 

目をつぶったら数分で意識を失える自信があるほど強烈に眠たかったのに、

何よりもとにかく布団に入りたいと思っていたのに、

生ビールと茶碗蒸しに加えて、17皿もお寿司を食べてしまう自分の行動パターンがよくわからない。

f:id:otomiyashintaro:20210412231803j:image

くら寿司を出た後、もうさすがに寄り道する事なく17時頃に自宅に到着し、すぐ寝る。

 

気がついたら20時半。

3時間半も寝てしまった。

 

というわけで、お風呂に入った後、このブログを執筆しております。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男

4月9日(金)晴れ。

朝、6時半に目が覚めてしまう。

本当は8時頃まで寝ていたかったのだが、

最近は、どうもこのあたりの時間に目が覚めてしまう。

1時間ほど横になっていたが、いつものごとく再び眠れそうにないので、7時20分頃に起きる。

歯を磨いてから無調整豆乳コップ1杯とバナナ1本を食べる。

 

そして自宅を出てからは、近くのファミマでさらにもう1食。

f:id:otomiyashintaro:20210409171745j:image

いつかの記事で「ファミマのクリスピーチキンはイマイチ。リピートはない。」と書いておきながら、また買ってしまった。

今回はハバネロ味。普通に美味しい(笑)。

 

画像でもわかるようにタンパク質を意識したメニューになっている。

 

今年1月から始めた「ほぼ1日1食生活」は、

4月に入り大幅に方針を変更。

 

かなり激ヤセした自分の顔と身体を、毎日鏡で見ているうちに「痩せたのは良いとして、ここまで貧弱な雰囲気は俺じゃない」と思い、

今度は一転して体重を増やす方向に舵を切った。

 

ただし、単に食事量を増やして体重を上げるだけでは、また去年の秋頃までのような「一見痩せてるように見えるが、お腹はぽっこり出ている」という、いわゆる「おっさん体型」になってしまう。

 

なので、食事の内容は「高タンパク低糖質」。1回に食べる量を少なくし、

しかも栄養の吸収効率を高めるため、1日の食事回数をこまめに分け(多い時で1日6食)、週に2回は筋トレするという方針で生活している。

食事の内容は、最近、書店で読んでいるこの本にも大きく影響されている。

f:id:otomiyashintaro:20210409174353j:image

「(1回の食事量を)少なく・・・って言ってるわりに、上のコンビニメニュー、がっつりいっとるやん」とツッコまれそうだが、体重を増やすために、休日は多めに食べると決めているので、まあ別に問題はない。

 

目標体重は57〜59キロあたりを目指しているが、昨日、体組成計で測った数値は以下の画像の通り。

f:id:otomiyashintaro:20210409173311j:image
f:id:otomiyashintaro:20210409173317j:image
f:id:otomiyashintaro:20210409173314j:image

体重は徐々に上がってきている。

筋肉量とタンパク質については、卵3個と鳥の胸肉やサバ缶、ツナ缶、納豆などを毎日欠かさず食べる生活をしていると見事に数値に表れてくる。

 

今のところ、自分で決めたルールを守れているので、今後スナック菓子やスイーツ、清涼飲料水を極力飲まないように気をつけている。

出先で何か飲み物を飲みたくなったら、とりあえずこれ系。やはりプロテイン。↓

f:id:otomiyashintaro:20210409134035j:image

今日は天王寺にあるアポロシネマで「ザ・スイッチ」という映画を見た。

f:id:otomiyashintaro:20210409134159j:image

女子高生と殺人鬼の中年男性の体が入れ替わるという、さながら極悪版「君の名は。」と言える設定だ(厳密に言うと、映画の中身は全然違うが)。

感想はYouTubeにアップしたので、ご興味あればどうぞ。

見終わって思ったのは、

まあ、この手のホラー映画に人生の時間を割くのは、もういいかな?という感想。

 

映画館を出てからは、難波駅まで徒歩でとぼとぼ。

新世界にある古い映画館で「なんじゃこりゃ?」という映画を上映していた。

f:id:otomiyashintaro:20210409170525j:imagef:id:otomiyashintaro:20210409170533j:image

ヒトラーを殺し・・・」もアレなタイトルだが、「誰もがそれを知っている」の宣伝コピーに「オカンの秘密!」とあるので、

「関西の映画か?」と思ってネットで検索してみたら、がっつりヨーロッパ映画だった(笑)。

f:id:otomiyashintaro:20210409171043j:image

まあ、こういうところが大阪らしい、というか・・・(笑)。

 

難波駅に着いた頃にはかなり眠たく、電車に乗って直行で家に帰った。

30分ほど昼寝をして、少し頭が冴えたので、先程YouTubeに上げる動画を撮ったが、正直まだ眠い。

今日はブログの執筆はここまでにして、

夜から始まる野球の試合(DeNA阪神)に備えて、もう一眠りしよう。

 

というわけで、まだ夕方だが、今日4月9日の日記はここまで。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

結婚はギャンブル。映画「サンドラの小さな家」を見た。

今日は映画「サンドラの小さな家」を、

なんばパークスシネマに見に行きました。

f:id:otomiyashintaro:20210407191243j:image

レビュー動画もYouTubeにアップしております。


100点満点で70点くらいかな?という評価ですが見応えはありますよ。

 

少し辛めになったのは、もう途中でかなり結末が見えてしまって「もしかして、この家、○○されるんちゃうか?」と思っていたらその通りになった、というね。


なので「そうきたか〜」という驚きがなかった分、ちょっと辛めにつけました。


まあ、映画は何でもかんでも

「お〜、そうきたか〜」があったら良いのか?と言われたら、そうとも言えないんですが、

この映画に関しては先が読めすぎた分、ちょっと面白みにかける印象を持ちましたね。

 

昔、ある本で、人間が人生で受けるストレスを数値化した場合、

最も高いのが「家族の死」というのが1位で、「配偶者との離婚」が2位である、という記述を見た事があります。

 

この映画を見ながら、確かに結婚生活が破綻するという事は、精神的に実に厳しいものであると、ひしひしと感じましたね。

人生で初めて体脂肪率が10%を切る。

4月4日(日)曇り→雨

8時起床。

今日は、なんばパークスシネマで上映されている綾野剛さん主演の映画「ホムンクルス」の10時の回を見に行くため、早めに起きる。

f:id:otomiyashintaro:20210404155530j:image

いつもより早起きなので、前の晩は布団に入る時間をいつもより1時間早くしたが、

案の定すんなり眠りに入れなかったし、

起きる時は、実際は7時前に目が覚めてしまった。

ここでもう寝るのをやめよう、と早く起きたとしても、間違いなく昼に強烈な睡魔が襲ってきてしまうと予想されるので、仕方がないから、あわよくばもう一度短い睡眠を取れる事を期待して8時まで横になっていた、という感じだ。

 

いつもの生活リズムからズレた事をしても、いつ何時でも対応できる脳と体を手に入れられたら、人生の負担は激減するだろう。

 

起床後は歯を磨いてから、体(お腹)を冷やさないために温めた無調整豆乳を飲み、バナナを食べる。

このブログを以前からお読みになっていた方はご存知かもしれないが、僕は「不食への道」と題した少食生活の記事のシリーズを展開していた。

 

今年に入ったあたりから朝食を抜き、ほぼ1日1食の生活を続け、そのおかげでかなり痩せたのだが、痩せたら痩せたで、今度は鏡に映った自分の見た目がとても貧相に思えて仕方がなかったので、今度は筋肉質の身体を目指しつつ体重をアップするという方向性に切り替える事にした。

 

というわけで1週間前から、若干食事量を増やし、

その内容も「好きなものをなんでも食べる」わけではなく、

「高タンパクで低糖質」を意識した食生活に切り替えている。

 

なので「不食への道」はいったん休止。

今後は無駄な脂肪の付いていない、均整のとれた体格を目指したい。

「コロコロ変わるな、お前」というツッコミが聞こえてきそうだが、人間、コロコロ変わるから面白い、と僕は思っている。

 

と、生活に関するひとり語りはここまでにして映画「ホムンクルス」の感想であるが、まあ可もなく不可もなく・・・と言ったところだろうか。

動画内でも言及しているが、僕はこの作品の原作を途中までしか読んでなく、オリジナル作品の結末を知らないので、この評価はあくまで映画のホムンクルスの評価である。

 

「映画の出来が良かったら、もう原作は読み返さなくてもいいかな・・・」と思っていたが、

映画を見ている最中でも、帰りの電車の中でも

「で、結局、この映画は原作を忠実になぞっているのか?」というのがやはり気になって、

原作の結末までの展開を解説しているいくつかのサイトを読んでみたら、案の定、漫画の方は映画と全然違うではないか(というより「映画の方は漫画と全然違うではないか」という表現のほうが正しいか)。

 

これはやはりもう一度読み直そう、と思い、

家に帰ったら早速、Amazonホムンクルスの全巻セット(15巻)を注文した。

 

原作を読むと、この「映画版ホムンクルス」に対する評価がまた変わるだろう。

まあ恐らく「原作より映画の方が良い」ことは絶対無いだろうとは思うが・・・。

 

自宅に帰ってから、軽く食事。

大阪メトロ中央線、朝潮橋駅からすぐのライフで買ったバナナ、卵サンド、サラダチキンを食べたが、今回買ったサラダチキンは原材料の鶏肉に食塩だけの味付けで、ほかの添加物を使っていないのだ。

f:id:otomiyashintaro:20210405000353j:imagef:id:otomiyashintaro:20210405000358j:image

ほとんどのサラダチキンは、あらゆる食品添加物を使用しているので、こういった味付けが食塩のみのサラダチキンは、僕のような「どちらかと言うと健康志向な人間」には嬉しい。

 

他の有名大手メーカーが作るものに比べると、味が薄く感じるのは仕方がないが(良く言えば素朴)、健康志向の人が増えている今の世の中の流れは、その需要に合わせてこういったヘルシーな食品も昔より多く生産されるので、自分にとってもすごくありがたい。

 

食事後はテレビで阪神VS中日の試合を観戦。

去年の阪神タイガースはチームのエラー数が12球団トップで、その改善が今年のテーマの一つであるが、今年もあまり成長が見られない。

 

試合を見ていた人ならわかるが、4回表の阪神守備陣のあのドタバタぶりを見る限りは、今年もシーズン通してハラハラさせられることになるだろう。

 

試合後は、先述した「ホムンクルス」のレビュー動画を収録。

そして睡眠不足であまりに眠たいので、その後少し昼寝。

起きてからは筋トレから食事の流れ。

今まで筋トレは、食事を摂ってから1〜2時間後にお風呂に入る前にしていたが、

これが筋トレの効果を上げるには、あまりよろしくないタイミングであるという事を、

なかやまきんに君の動画で知った。

 

筋トレは食事の前にする方がいいとの事である。今後はそうしよう。

 

今日の夜の食事は、

鳥の胸肉1パック(165g)、ゆでたまご3個、バナナ1本、リンゴ1個、野菜ジュースと無調整豆乳をコップ1杯ずつ、ナッツ類を少々。完全にタンパク質重視の内容で、このメニューが5日間ほど続いている。

ちなみに冷蔵庫から卵を取り出す際、手が滑って貴重な卵を1個、床に落として割ってしまった。

 

ヒヨコにさえなれない宿命を抱えて産み落とされたのに、食べられる事によって人の命を生き長らえさせる貢献すらする事なく、築30年のマンションの一室のフローリングの上で人生(卵生)を終えるなんて、悲しい。

卵さん、ごめんなさい。

f:id:otomiyashintaro:20210404233524j:image

・・・で、このメニューは今のところ全く飽きないが、鳥の胸肉のところだけは、時にはノンオイルのツナ缶やサバ缶、

納豆や豆腐など、その日の気分に合わせて変えていくつもり。

 

というわけで、

一時、ブログ内で語っていたナッツを主食にする「ナッツリアン計画」もいったん休止。

とりあえず筋肉を増やしつつ、体重を増やす計画を進めていくつもりだが、体重といえば当然、体重計があった方が良いだろう、という事でAmazonで注文しておいたのだが、その体重計が届いた。

f:id:otomiyashintaro:20210404232105j:image

これはスタイリッシュなデザインもカッコいいが、体重を始めとする、自分の体の組成データをスマホのアプリにBluetoothで送信できる優れものだ。テクノロジーの進化は素晴らしい。

で、今日はこんな感じ。

f:id:otomiyashintaro:20210404232411j:imagef:id:otomiyashintaro:20210405002454j:image

体脂肪率5.1%などという数字が出たのは、

自分の人生では初めての経験だ。

今後も無理はせず、時々は美味しいものを楽しんで、健康な体を維持したいものである。

 

あと、この体重計と一緒に注文したのが、

アイマスクとブルーライトカット用メガネ、

そして「はずる(HUZZLE)」という商品名の立体パズル。

f:id:otomiyashintaro:20210404233355j:imagef:id:otomiyashintaro:20210404233415j:image

健康のためには食事と同様、質の良い睡眠もとても大切である。

僕は現在、睡眠にある程度問題を抱えているので、少しでも深く眠れるようにと、アイマスクとこのメガネを買った。

「はずる」に関しては、数年前に東急ハンズで見た時に、その時こそ買わなかったものの、何年も記憶に残るくらいインパクトのある美しい造形に魅せられていたのだが、

最近、読書のために通っている書店で売られているのを久しぶりに見たので、書店より値段の安いAmazonで買った次第。

これで遊んでいる様子を動画に撮って、YouTubeにあげるかもしれない。

 

・・・というわけで、ブログを執筆していたら

あっという間に深夜0時前だ。

ここらで切り上げよう。

 

以上、4月4日(日)の日記でした。

今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

映画「まともじゃないのは君も一緒」を見たが、これを「面白い」と感じない僕はまともじゃないのか?

今日はTOHOシネマズ難波で「まともじゃないのは君も一緒」という映画を見ました。

f:id:otomiyashintaro:20210330193023j:image

概ね世間の評価は高く、5段階評価で平均4点超えなので、ミーハー気分も手伝い見てみましたが、劇中、致命的に僕の価値観と相容れないシーンがあり、そこから一気に興醒めしてしまいました。

 

僕の評価は5段階評価で星2つ。

100点満点で30点ですね。

レビュー動画も撮りましたので、ご興味ある方はどうぞ。

ただ完全ネタバレなのでご注意ください。

映画「ノマドランド」を見た。個人的には好きな映画です。

レイトショーで早速、話題の映画「ノマドランド」を見てきました。

「めっちゃ眠たい」という意見が出てくるのもわかる、めっちゃ静かな映画ですが、個人的には良い映画だと思います。

レビューをYouTubeにアップしました。

点数としては80点というところですね。

睡眠障害もなんのその

3月26日(金)晴れ。

現在4連休の2日目。

今日は9時頃起床・・・と言いたいところだが、実際には朝の5時頃にいったん目が覚めてしまっており、トイレに立った後、

もう一度布団に潜り込んで、普段の起床時間である9時くらいに起きれたらいいな、という思惑だったが、横になっても全く眠れない。

 

布団の中で、体を出来るだけリラックスさせて

目を閉じていたが、結局9時までに断片的に意識が落ちたのが2回ほどで、どちらとも睡眠時間としては15分ずつ程度のものであったと記憶している。

 

前にも書いたが、僕は幼少期から睡眠障害を抱えていて、こればっかりは、もういちいち悩んでいても仕方がないと思っている。

 

「ああ、昨日の晩はよく眠れたなあ」と気持ちよく1日がスタートできたと思えた日でも、

しばらくしてから何故か頭痛がしてきた・・・という日は数え切れないほど経験しているし、

逆に「あまり眠れなかったなあ」という感じでスタートした日でも、少しの昼寝をしただけで

その後は割と快調に過ごせた、という日もまた数え切れない程あるので、もう自分の睡眠障害については、ある時期から「いちいちクヨクヨしない」と決めている。

 

「目をつぶって数分もしないうちに意識が落ちて気がついたらもう朝になっている」という、

からしたら憧れるような体質の人も、実際その人は1年365日の間、体調不良もなく常に元気にストレスフリーで生きているのか?と聞いてみたら、意外とそうでもなかったり、

また、睡眠が取れてる、取れてないとは別問題の、その人ならではの色んな問題や悩みに苦慮しながら生きている、という可能性もある。

 

だからもう「いちいちクヨクヨしない、気にしない事」にした。

 

「けど、こうやって文章に起こしているという事は、やっぱり気にしてるんじゃないの?」と他人から指摘されそうだが、

これは単に自分が持っている症状をありのままに書いただけだ。

 

記事の中で「今日はしんどい」「だるい」と吐露しても、それは自分のある時点での状態を説明しているのに過ぎないわけで、

 

この睡眠の問題自体が「辛い。苦しい。これのせいで自分の人生の歩みが停滞させられている。」という精神的な影を生み出しているわけではない、と強調しておきたい。

 

・・・さて前置きが長くなったが、

今日は5歳上(だったと思う、確か)のいとこが久しぶりに家を訪ねてくる予定なので、歯磨き後、

一通り部屋を掃除し、ある程度まで片付いたなと思えた段階で自宅を出て、いつもの難波のジュンク堂書店に向かう。

 

今日に関しては「眠れなかった割にはまだ調子は良い方」の日だ。

こんな快晴の日に降り注ぐ太陽の光は、本当に気持ちがいいもので、

やはり1日のスタートに(もう少し早い時間だと尚更良いが)朝日を浴びておくというのは、

人間にとって、とても大事なことだと思う。

 

今日、読んだ本は仏教関係が中心。

昨日、手に取った「マンガ 歎異抄」の続きを今日も読もうとしたが、どうやら売れてしまったのか、在庫の入れ替えがあったのか、はたまた他に立ち読みした人が直すときに元の場所に戻さなかったのか、理由はよくわからないが見当たらない。

 

仕方ないので、別の漫画形式で書かれたこの本を一から読むことにした。f:id:otomiyashintaro:20210327014702j:image

これが実にわかりやすく読みやすい。歎異抄という仏教書の入門には、これまたもってこいの中身であると思う。

他に手に取って読んでみた本はこんな感じ(大愚元勝和尚のものだけ写真を撮り忘れたので、Amazonからの転載)

f:id:otomiyashintaro:20210327014955j:image
f:id:otomiyashintaro:20210327014958j:image

f:id:otomiyashintaro:20210327015116j:image

どれも難解さを排除した、誰にとっても親しみやすい、わかりやすい文章で書かれていて、

「このような親しみやすさ、わかりやすさ、明快さで書かれている事自体が、お釈迦様の説いた教えに乗っ取っているなあ」と、おこがましいながらも思えてくると、時折、読んでいるうちに涙が込み上げてきそうになったり、心が晴れ晴れとしてきて、清々しい気持ちになる。

 

もちろん、難解な類の仏教書物や解説書は駄目、とかいう意味ではないので悪しからず。

本来的に、難解と平易の関係に優劣や価値の上下関係などないのだ。

これまた僕のような者が語るにはおこがましいが、仏の教えに則るならば、

この宇宙に溢れる全てのモノ、コト、現象は「それそのもの単体では成り立たない」。

全ては関係性があって成り立っている。

全ては「縁」によって成り立っている、という事だ。

この事実を「真に」体感、経験したときに人は「悟り」を開くのだろうと思う。

 

これらをしばらく読んだ後、

昨日紹介した「LIMITLESS 超加速学習」の続きを読んで書店を出る。

これもまだ前半の触りだが、非常に興味深い内容が出てくる。明日以降も読もう。

f:id:otomiyashintaro:20210327020523j:image

13時にいとこと合流。

お昼ご飯を買って帰って、僕の家で懐かしの昭和歌謡YouTube動画を見たりしながら二人で雑談を楽しみ、夕方からプロ野球の開幕戦(ヤクルトVS阪神)を見る。

 

僕は、阪神の90年代暗黒期からの根っからの阪神ファンだが、2021年の阪神は打撃陣、投手陣共に、去年に比べて・・・いや、ここ数年と比べても稀に見るほどの高いレベルの人材が揃っており、最高に戦力の厚みが増していると思う。

 

セリーグの優勝争いは巨人と阪神の一騎打ちの様相になるかと予想している。

それはさておき、このコロナ禍の中、まだ前途は読めず楽観はできないが、プロ野球が無事開幕できたことに感謝。

 

というわけで、開幕試合は阪神の勝利で終わったところで、21時半頃、いとこは帰宅。

 

その後、お風呂、洗い物を済ませてから、

今日は野球中継の裏で放送していた「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 大予言スペシャル」を録画しておいたので、それを視聴。

 

最近はYouTubeの台頭で、芸人さんがストーリーテラーとして提供する話題も「ああ、これってYouTubeで見た話やなあ」というものが多くなってしまって、同番組の初期の頃に比べるとワクワク感が薄れつつあるのは否めないが、

やはり関暁夫氏の枠については、心に手垢の付きまくった40代中盤の僕のような男でも、瞬時に童心に帰れる面白さがほとばしっている、と僕は思うのだが皆さんはどうだろうか?

f:id:otomiyashintaro:20210327023107j:image

f:id:otomiyashintaro:20210327023113j:image

f:id:otomiyashintaro:20210327023131j:image

f:id:otomiyashintaro:20210327023134j:image

僕のようなオカルト都市伝説大好き人間にとって、核心部分が大人の事情でボカされつつも、このような内容が地上波で披露されるという事は、

大袈裟かもしれないが、情報のマス拡散において、なんだかんだ今でも最大の影響力を持つテレビの中の「最後の砦」ではないだろうか。

 

オカルト、都市伝説、陰謀論界隈では

「近々、何か非常に大きな事件、発表、パラダイム転換があるのではないか?」と囁かれているが、

今回の関さんが語った内容が、その憶測や妄想(と言ったら一部の人に怒られるかな?)と密接にリンクしているであろう事は、僕があらためて強調する事でもないだろう。

 

というわけで、番組を見ていたら深夜1時を回り、関さんのVが終わったところで視聴を止め、今日の記事の執筆に取り掛かる。

 

現在、2時40分過ぎ。

またもや睡眠不足で始まった1日だったが、

今日は午前中の段階から、もはやそんな事は気にならなくなるほどの楽しい1日だった。

阪神も勝ったし^ ^

 

すっかり夜が更けてしまったが、明日も休みなので、ビールを飲みながら野球を見て、のんびり過ごそうと思う。

 

というわけで、3月26日(金)の日記でした。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。