シンゴさん日記

100点満点採点で映画を評価した記事と、あと他愛もない雑談と。

【詳細なネタバレはなし】「犯罪都市 NO WAY OUT」 お金をそこそこにかけた韓国版Vシネマでした。

犯罪都市 NO WAY OUT」を鑑賞。

100点満点で、49点。


f:id:otomiyashintaro:20240229001800j:image

「エターナルズ」というハリウッド作品に、ヒーローの一人として出演していた韓国系アメリカ人の俳優マ・ドンソクが、

やたらと腕っぷしの強い刑事として登場し、パワーのゴリ押しで事件を解決する(笑)という作品。

 

僕は知らなかったが、この「犯罪都市」はシリーズ作品で、これが第3作目らしい。

 

日本の反社と韓国の反社が中心となって、合成麻薬の取引をしていたのだが、

麻薬の一部が何者かに横流しされ、それを巡っての抗争が繰り広げられる・・・というストーリーであった。

 

僕の端的な感想としては、「Vシネマやね、これ」という感じ。

 

今どきの若い人たちは、

「Vシネマ」というフレーズを聞いてもピンとこないと思うが、まあ何というか、とにかくVシネマという形容がぴったりフィットするような作品だと思った。

 

脚本も別に何か大きく驚かせてくれるような凝った内容ではないし、

アクションも基本的に、殴る、殴る、ほんでもってさらに殴って・・・、

最後の仕上げに・・・殴る!を繰り返すみたいな感じで(笑)、後半に行くに従って、「またか」という気持ちにさせられて、僕は途中からだいぶ飽きてしまった。

 

マ・ドンソク演じるソクト刑事は、反社相手にとにかくすぐ手が出るので、

それを見続けている僕の頭の中では、ダイアン津田の「すぐ言う〜」のトーンで、「すぐ殴る〜」というフレーズがこだましていた。

 

他に気になったところとしては、

日本のベテラン俳優・國村隼暴力団の組長役で威厳たっぷりに出ていたのだが、

これが結局のところ、終わってみれば、物語においてものすごく重要な鍵を握っているポジションというわけでもなく、

ただ単に組長を演じている國村隼をこの作品内に登場させたかった、という感じで、なんだか「國村隼の無駄使い」のように感じた次第。

 

あとは、世界的ファッションブランドであるグッ○の関係者が、

この映画を見たら気分を害するんじゃないか?というくらい、

とりあえず反社(しかも雑魚キャラ)に○ッチのアイテムを着させたり持たせたりしているのには、

制作者の若干の悪意みたいなものを感じて、個人的にちょっと面白かった。

 

「チンピラ感を上げる=全身グ○チで固めとけ」みたいな(まあ、これは否定できない)。

 

どうやら次回作も作られるようだが、僕はもういいかな?

 

 

個人的にソクト刑事のキャラクター自体は嫌いではないので、

次はもう少し脚本で唸らせるような作品を期待したいところ。

【ネタバレあり】「ネクスト・ゴール・ウィンズ」 少し喩えが古いが「勝つと思うな、思えば負けよ(by美空ひばり)」なサッカー物語。

ネクスト・ゴール・ウィンズ」を鑑賞。

100点満点で、70点。


f:id:otomiyashintaro:20240227200015j:image


※今回、ネタバレしてます。未見の方はこの後の本文を読まない方がいいです。

 

 

2001年のサッカーWカップの予選で、
オーストラリア相手に、31−0というサッカー史上に残る記録的得点差で負けた米領サモアが、
10年後のWカップ予選で初勝利を収めるまでの実話を元にした物語である。


この、サッカーで31−0という有り得ないレベルの得点差の試合が発生してしまったというニュースは、
サッカーに全くと言っていいほど詳しくない僕でも(オフサイドもちゃんと説明できないレベルです)、
何となく「そういえば、昔そんな事が報じられていたな」と、かすかながら覚えていた。


長年、阪神タイガースファンである僕は、
2005年の日本シリーズにおいて、
阪神千葉ロッテマリーンズに、
4試合の合計得点が33-4という屈辱的なスコアで敗北しているのをこの目で目撃しているので、
この米領サモアにはシンパシーを感じた次第(笑)。


映画の作りとしては、
過去のスポ根もの作品でも何度も見てきたような演出手法がふんだんに使われており、
良く言えば安定感はあるが、
悪く言えば「スポ根あるある」だらけで、新鮮味が全くと言っていいくらい無い。


まあしかし、このような「ダメ集団が成長して、最後にたくましく勝利する話」は、
なんだかんだで涙腺を刺激するものがあって、低い評価にもなりにくいので、
まあそこそこ感動できたという感じで、
70点という点数をつけさせてもらった。


ただオープニングで、教会の神父役で出演しているタイカ・ワイティティ監督自身が登場して、
この物語について「(実話だけど)ちょっと盛ってるけどね」というコメントを鑑賞者に向けて発するのだが、
あれは正直いらなかった、と個人的に思う。


その前に(その後だったかも?忘れた)黒バックで「実話を元にした物語」と注釈が入った時点で、
「まあ、映画作品として色々と脚色はしてるだろうね」と、
僕らはある程度見越しているのだから、
それに加えてわざわざ「盛ってるけどね」なんて言われると、
「脚色過多に見えるところも大目に見てね」という監督の言い訳みたいに思えてしまい、
別にそんな事言わなくてもいいのになあ、と思ってしまった。


なんか、あれはちょっと本当に余計だったと思う。


ちなみに、映画を見終わった後に、
米領サモアにチーム初勝利を献上してしまったトンガが、
米領サモアとどれくらいの実力差があったのかな?と気になったので調べてみたら、
試合があった2011年11月のFIFAランキングで202位だった。

(↓トンガのランキング推移)
f:id:otomiyashintaro:20240227200805j:image


当時FIFAランキング204位だった米領サモアと、大して変わらん弱さというね(笑)。


個人的感覚としては、別に米領サモアの勝利は大金星でもなんでもなく、
いわば弱いチーム同士のどんぐりの背比べ的な感じで、
もしこの情報が、鑑賞前に僕の頭に入っていたら、
僕は、作品内で米領サモアのメンバー相手にイキり倒しているトンガチームのメンバーに対して、
「いや、お前らもたいがいやろ」とツッコんでいたと思う(笑)。


勝負事においては、「勝利」は喜びそのものであると思うし、
勝利こそが、そこに至るまでの苦悩や困難を美しい思い出に変換するのかもしれないが、
「勝つことだけに囚われる」と、本当に大事なものを見失う。


美しい海に浮かぶのどかな小国の人々に、
とても大事な事を教わった一本でもあった。

【ネタバレあり】「身代わり忠臣蔵」 思いのほか面白かったけど・・・、最後の方は・・・。

※今回、かなり詳細にクライマックスシーンのネタバレがあります。

未見の方は読まない方がいいです。

 

「身代わり忠臣蔵」を鑑賞。

 

100点満点で、70点。


f:id:otomiyashintaro:20240218004557j:image

 

ムロツヨシ吉良上野介と、上野介と瓜二つの上野介の弟・孝証(たかあき)の一人二役を演じる、コメディテイストを交えた忠臣蔵

 

個人的にはムロツヨシの出ている作品を今までそんなに見てきたわけでもないのに(もしかしたら、「変態仮面」くらいかもしれない)、

なぜだか「この映画、ムロツヨシがすっごく『ムロツヨシ感』を出してきてるなあ」と思ってしまった(笑)。

 

不思議な感覚である。

 

もしかしたら、何かのバラエティ番組で喋っていた時のムロツヨシの印象が僕の脳裏に強烈に残っていて、

演じている姿がどことなく、その時の印象と重なるものがあったからなのかもしれない。

 

この映画におけるムロツヨシは、

ムロツヨシムロツヨシたる所以である相当に暑苦しいキャラ全開なので、

合わない人には、それだけで合わないだろうが(ムロツヨシさん、失礼な物言いで本当にすみません)、

僕はそんなムロツヨシの一挙手一投足を、基本的に面白く見れた一人である。

 

作品としては、おふざけを挟みつつも、「しっかりした忠臣蔵の物語」であり、

最終盤の討ち入り直前のシーンまでは引き込まれるものがあったのだが・・・、

討ち入り後の展開が僕には残念に思えた。

 

ちょっとあれは、都合が良すぎるかな?と。

 

コメディ系時代劇という体を取っているせいなのか、

討ち入り後の武士同士の戦いにおいて、

不自然なくらい負傷している人がいないし(明らかに刺される人が一人いるが)、

まして死人など一人も出ないのは、まあ仕方がないか、と割り切るとしても、

永山瑛太演じる大石内蔵助が、飛んできた矢をタイミングよく掴んだのには、

流石に「いやいやいや、それは無理でしょ」となったし、

その後、本物の吉良上野介の死体を偶然的に見つけてしまって、

孝証が一命を取り留める、という展開があまりに都合良すぎで、「なんだかなあ」と思ってしまったし、

その後、上野介の生首でラグビーまがいのパス回しについては、

いくら作り物とは言え、この映画の中では、それまでとはテイストの違う異質な笑いの取り方のように思えて、若干やり過ぎのようにも感じたし、流石にちょっと引いた(笑)。

 

そもそも本物の上野介の死体を隠している場所を、

林遣都が演じている家臣が孝証に教えていないのもなんだか不自然に思えたし、

僕が思うに、最後をあのような行きあたりばったりの展開にするぐらいなら、

むしろ、最初から孝証が上野介の死体が塩漬けで保管されている事を知っていて、

その死体から首を切り落として、ひと芝居打とう、という段取りを、

あの屋形船での二人きりの打合せですでに決めている展開の方が、僕的にはすっきりしたのだが・・・。

 

とにかく、討ち入りしてからの一連の流れについては、

あまりに都合が良すぎて面白くない、と僕は感じてしまった。

 

というわけで、討ち入り前の展開までは85点だったが、討ち入り後で、15点マイナスの70点。

 

途中までは、「思ってたより面白いな、これ」と思いつつ見ていただけに、惜しい作品でした。

【ネタバレあり】「夜明けのすべて」 夜空に輝く星たちのように、闇に包まれてこそ見えてくるものがある。

夜明けのすべて」を鑑賞。

100点満点で、86点。


f:id:otomiyashintaro:20240216174600j:image

 

※ネタバレしているので、未見の方はこれ以降はご注意。

 

 


パニック障害に苦しむ男性と、
月経前症候群に苦しむ女性の物語。

僕自身は原作小説は未読。


ハラハラするような場面がいくつもあり、
中盤あたりからは、「やめてくれよ、やめてくれよ。胸糞な展開になるなよ・・・」と祈るような気持ちで見ていたが、
結果的には致命的レベルの事象は起こらず、
見終わった時には「ああ良かった」と、
ホッとした気分になった。


この作品は、ほとんどの映画によくあるような、
「後半に向かってイベントの大きさが増していき、客の興味を惹き付ける」タイプではなく、
「後半に向かってだんだん平穏になっていく」事で、客を安心させる、という方向性を持っており、その終わり方が何とも心地良い。


それは、別にハッピーエンドといった単純なものではないし、
最後に至るまで二人の病が治っているわけではないので、
ラストシーンまで辿り着いた時に、
その二人の落ち着きどころについて、「これで良かった」などと結論づける事もできないのだが、
じゃあ何が良かったのかと言うと、
結局のところ、「ある人の心が、人生に対してより広い視野を持てるようになる過程を見れたこと」が良かったのである。


主人公の二人以外にも、苦しみを抱えた人物が登場するし、
作品内でそういったフォーカスをされていない他の登場人物たちも、
きっと大なり小なりの苦しみを抱えているはずだ。


苦しみなんて、この世から一切合切無くなれば良い、と思うのが人情だが、
どうやらそんな事は夢物語に違いないので、
僕たちにできる事は、「心の器をできるだけ広げていく」しかないのだろう、恐らく。


フィクションなのに、二人の主人公を含む、この映画に登場する全ての人に対して、
「皆さん、どうかお幸せに」と、祈ってしまうような作品だった。

やはり休日の前の夜は眠りが浅い(何故なの?)。そして夢の中で女性と殴り合いの戦いを繰り広げる。

最近は、以前に比べたらよく眠れていて、

だんだんと心身共に健康を取り戻してきたが、

昨日の夜は、

またというか、やはりというか、

「休日の前の夜に何故か朝早く起きてしまい、そこから中々寝付けない病」が発動した(下の画像の睡眠ステージの赤い部分は途中で起きている時間)。f:id:otomiyashintaro:20240215094523j:image

 

布団の中で再び眠りに落ちるまで、じっと辛抱するのも何なので、

目をつぶりながら外国語のリスニングを開始する。

 

体感で1時間くらい聴いた後、ようやく眠たくなってきたので、再び寝ることができた。

 

それにしても、最近見る夢の内容がカオスすぎる。

 

こないだ見たものでインパクトがあったのは、

なぜか僕が料金研究家の平野レミ(と夢の中で僕が思い込んでいる人物)と殴り合いをし、

その平野レミっぽい人を罪悪感と共に倒した後、

僕が青空に向かって「おっぱいが・・・、おっぱいでありますように!!!!」と、

2000回くらい輪廻転生を繰り返しても現実世界では発しないであろう謎すぎるセリフを絶叫した後、目が覚めたやつ。

 

起きてから一人で笑いをこらえきれず、同時に「完全に病んどるな」と思った(笑)。

 

今日もぐっすり眠れますように。

うつ状態からひとまず脱出。

今日は、かなり元気。

 

5日くらい前の最悪の精神状態と比べると雲泥の差。

あの時は本当に、人生で最大級にヤバかった。

 

芥川龍之介が『将来に対する漠とした不安で』という動機で自○した気持ちが何となくわかるぞ今の俺には」

と思うくらいヤバかった。

 

とにかく、お酒を飲むのを止めて、睡眠習慣を変えるのが、

こんなに短期間で劇的に効果をもたらすとは思わなかった。

 

久しぶりに部屋の大掃除をしたのも大きいと思う(まだ散らかってる部分はあるけど)。

 

よくよく冷静に考えたら、現在、金銭的には何も困ってないし(むしろこれから増えるしかないから、その点においては楽しみしかない)、

それが良いか悪いかは別にして、今の自分の行動にとやかく口うるさく言ってくる人もいないのだから、

うつ状態に陥るのもおかしな話なのだ、と自分の中で納得している。

 

自分は明後日から3連休だが、

ここで一滴も酒を飲まずに、しっかり寝て過ごせたら、完全脱出だと思う。

 

日本人は自○率の高い国だが、

これはやはり平均睡眠時間が他の国の人に比べて少ない事と、かなり関係しているんじゃないだろうか?

 

みんな、もっと寝よう。

【うつ傾向改善への自分向けメモ】飲みたくなったが、飲まなかった。

今日もお酒を飲まなかった自分を褒めてやりたい気分だが、ちょっと失敗だったな、と思ったのは、代わりにコーラをガブ飲みしてしまったこと。

 

これは明らかに不健康。

 

ある意味、アルコール摂取より質が悪い。
反省してる。

 

と言っても、炭酸飲料が好きなので、次からは、砂糖や果糖ぶどう糖液糖の入っていないウィルキンソンノンアルコール飲料に変えてみる。

 

頑張ろう、自分。