シンゴさん日記

大阪在住の40代独身男が日々のことをツラツラと

僕の人生における思い出の曲シリーズ 1曲目 筋肉少女帯「釈迦」

タイトルのとおり、

これまでの人生において、僕に大きなインパクトを与えた楽曲をジャンル問わず振り返ろう、というシリーズ。

 

第1回であり、1曲目に挙げるのは、

筋肉少女帯の「釈迦」。

 

 

 

 

 

筋肉少女帯との出会いは、炭酸飲料水チェリオのCMだった。

 

 

 

 

あのCMが放送された頃の僕は、

小学校の高学年だか、中一くらいだったとは思うのだが、

「俺にチェリオを飲ませろ!」というワンフレーズにただならぬ興奮を覚え、

「誰の曲だ!?」となった瞬間、

画面の左下にある「筋肉少女帯」という、

当時の僕にとっては、

あまりにもインパクトのある日本語にも興奮した記憶がある(今もなお、全くもって最高のセンスを感じさせるバンド名であると思う)。

 

筋肉少女帯ってなんだ!?」となった僕は、

当時の実家の近くにあったレンタルビデオ・CDショップ「MARC(マーク)」まで自転車を走らせ、

筋肉少女帯」のアルバムを借りた・・・・

 

ような気がするのだが、

このあたりの記憶が全くもって定かではない。

 

とにかく、

チェリオのCMの元曲が「日本印度化計画」という曲である、

という事が後々わかってからは(チェリオのCMは、この曲の「俺にカレーを食わせろ」という部分を、「チェリオを飲ませろ」に替えている)、

 

筋肉少女帯にどハマりし、

バンドの創始者の一人であり、ボーカルである大槻ケンヂさんにも、どハマりしていった。

 

高校生の頃から20歳頃までの間、大槻さんのエッセイ本はほぼ全部読んだし、

テレビやラジオに出演した時に語られる、大槻さんの宇宙人やUFO話、その他オカルト関連の話や映画の話も、どれも面白いものばかりで、

当時の僕にとって大槻さんは、

ダウンタウン松本人志さんと並ぶ「二大カリスマ」の一人であった。

 

とにかく、大槻ケンヂさんが僕に与えた影響には計り知れないものがある。

 

いわゆる「サブカルチャー」というものを、僕に教えてくれたのは大槻ケンヂさんだ。

 

先に挙げた「日本印度化計画」含め、

僕が10代の頃に聞いた筋肉少女帯の曲には、思い出の曲がありすぎて、どれか1曲に絞るのはとても困難ではあったのだが、

迷った挙句「釈迦」を選んだ。

 

決め手としては、僕にとっては一生忘れる事はないであろう歌詞。

 

釈迦といえば、誰もが知る仏教の開祖であるが、その偉大な釈迦という人物をテーマにした曲の中で、

 

「けっこう良い人だったから、恋してあげてもよかった」

 

「けっこう良い人だったから、好きになってもよかった」

 

「釈迦は良い人だったから」

 

というフレーズが出てきて、これが僕には強烈だった。

 

釈迦という存在が、

「となりの兄ちゃん」くらいの軽さで扱われる事に、中学生の僕は衝撃を覚えた。

 

「釈迦は良い人だったから」などというフレーズが出てくる大槻ケンヂさんは、やはり天才としか言いようがないと思う。

 

歌詞の中で描かれる世界は、一見しっかりしたストーリーが構築されているのかと思いきや、全体的にはかなり意味不明である。

 

プロモーションビデオも、

大槻さんがチェーンソーを振り回して女性を追いかける(映画「悪魔のいけにえ」のオマージュなのだろう)という、歌詞の世界観と全く関係のない事をやっていて、かなりクレイジーである。

 

多分、世間の大多数の人にとっては、

「なんか変な曲」

以外の感想は抱いてくれない曲なのかもしれないだろうけど、

僕は聴くたびに「いやあ、やっぱりオーケン、天才やなあ」と思ってしまう。

 

という事で、思い出の曲シリーズの1曲目は、

筋肉少女帯の「釈迦」でした。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

(↓)ちなみにこちらは、過去に在籍したメンバーを交えての豪華バージョン「大釈迦」の2008年の日本武道館ライブです。