シンゴさん日記

大阪の独身40代会社員が日々のことをツラツラと

某宗教団体の教祖様の御子息が、教団の内情をバラしまくりで面白すぎる。

3月19日(金)晴れ。

 

この日は9時23分に起床。体調は良好。

やたらと細かい目覚ましの設定時間だが、家を出るまでのルーティーンの行動から逆算すると、この時間にアラームを合わせるのが現時点で最適なのだ。

 

朝食は取らず(これは時間がないからではなく意図的。僕のブログの読書ならご存知でしょう。)、白湯を飲みながらYouTubeを見つつして9時50分過ぎに家を出る。

 

11時より仕事開始。

本日、仕事に於いて特筆するような事は無く平和に過ごす。

ありがたい事に休憩が3時間あるので、その時間を使ってブログを書く(3月18日の記事を書いた)。

 

20時に仕事を終え帰宅。

 

食事はミックスナッツ、リンゴ、伊予柑

赤出汁の味噌汁。

ちなみにお昼は、スーツのポケットに入るくらいの大きさの小袋に入れたミックスナッツを十数粒と、ファミリーマートで買ったおにぎり1個のみ。

前日の夜にミックスナッツを食べすぎているので、この日の日中は、ほとんど食べないという方針でバランスを取る事にした。

 

食事を終えて、お風呂へ。

いつもスマホYouTubeを見ながら入浴している。

今日は、街録チャンネルに宗教団体「幸○の科学」の大川○法総裁の息子、大川宏洋(おおかわひろし)さんが出演している回を見た。

 

ネットが普及していなかった頃は、映像で見られる事など考えられないレベルの貴重なお話の数々。

数年前、突然仕事をドタキャンして所属事務所との契約が終了し話題になった女優、清水富美加(現 千眼美子)さんとの政略結婚を断り、父親と絶縁状態になったという話も、惜しみなく話してくれている。↓

 

これからネットでの個人発信によって、

宗教団体に限らず、僕らが今まで知り得なかった巨大な組織の様々な真相、真実、表に出したくない裏側が浮き彫りにされるだろう。

非常にエキサイティングな時代だと思う。

 

お風呂から上がって洗い物を済ませたら、

毎日楽しみにしている関西ローカル番組

「よーいドン!」の録画を見ながらギターの練習。

今日、番組で紹介されていた「青空blue」という、うどん屋さんに行ってみたい。

元々蕎麦職人の修行をしていた、このお店の御主人が編み出したという、唯一無二の石臼引きのうどんを是非とも食べてみたいものだ。

f:id:otomiyashintaro:20210320003202j:image

「よーいドン!」のあとは、又吉直樹さんの「ヘウレーカ」を見る。

内容は「健康で長生きするには?」といったものだった。

f:id:otomiyashintaro:20210320124915j:image

これも好きな番組だが、もうすぐ放送終了らしい。NHKには他の民放局にはない良い番組がいくつかある。南海キャンディーズ山里亮太さんがMCを務める「逆転人生」も良い番組だ。

ただ、NHKの受信料は、金額設定、契約の規定においてあまりにもユーザーにとって理不尽で納得できないので、僕は今後も受信料を払うつもりはない。

月額300円〜500円程度なら払ってあげてもいいが。

そのくらいの額が妥当、と言いたいわけではなく、そのくらいにしてあげると殆んどの国民には負担が少ないので、みんな払ってくれるだろうし、訪問で受信料を催促してくる徴収員を雇うコストも削減できるだろうに、という観点からである。

 

こういう事を書くと、ケチなヤツと思われるかもしれないが、意外と何億円もの資産を所有しているお金持ちでもNHKの受信料は払わない、本音は払いたくないと考えている人は多いのである。

「お金持ちという人種は、基本的に自分が気に入ったもの、自分が納得したものについては惜しみなくお金を払うが、納得できないものには1円も払いたくない、という人たちの割合が多い。」と

リベラルアーツ大学でお馴染みの両学長もおっしゃっていた。

両学長も大層なお金持ちだが、NHKの受信料は払っていないらしい。

 

もし今後NHKが、受信料を払わない人に対しては放送をスクランブル化して番組を見れなくすると言うなら、個人的には

「どうぞ、どうぞ」という感じだ。

その時点で楽しみにしている番組があっても、見れなくて死ぬわけではないし、今の世の中、他にも楽しみはわんさかある。

 

・・・というわけでテレビを見終え、ギターを弾くのもやめて、歯を磨き24時50分過ぎに就寝。

 

以上、3月19日の日記でした。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。